中学受験勉強

初めての中学受験

それは突然のことでした。
息子が小5の夏、「ぼく、中学受験をして私立の中学校に行きたい!」と言いだしたのです。

「何言ってんだ?」とあっけにとられる私と主人。

近所に私立の中学校に通っているお兄ちゃんがいました。そのお兄ちゃんはよく息子の面倒も見てくれて、息子はそのお兄ちゃんのことを本当に慕っていました。そのこともあってか、唐突にもそのお兄ちゃんと同じ私立の中学校に行きたいと思い立ったようです。

私も主人も中学受験どころか、大学受験もしていないのです。つまり、高卒なのです。

息子に対しても、もし大学に行きたいって言えば、行かせてもいいかな?程度に考えていました。それなのに突然、中学受験って……

私たち夫婦は高卒です。当然、その息子も勉強は得意ではない、というかしません。私たちも勉強してこなかったタイプなので、息子にも強制せてこなかったのです。

そんな息子が夕食を食べてすぐに、自分の部屋に戻って、机に向かっていました。

どうせ3日坊主になるだろうなと思いつつも、目標を持つことはいいことですし、本人もやる気になっているので、とりあえず応援することにしました。

まず、知識のなかった私たちは、まず情報を調べることに。私はパソコンで、主人は本屋に行って本を買っていました。

その結果、私たちはいかに無知かということを知らされました。

まず学費について。我が家はそんな余裕のある生活をしているわけではありません。

それに加えて、学校の勉強だけでは受験を乗り越えられないということもしりました。塾に通わせなければならないということでした。

正直無理だなと思いましたが、主人は息子が中学受験をしたいというのなら、親であればそれを応援するべきだと考えていたみたいです。

最終的に、主人は土日に副業でアルバイトをすることに、私もパートを始めることにしました。

今まで、中学受験とは無縁の生活を送っておりましたが、それで我が家の生活は一転することに。

果たして息子は無事に合格するのでしょうか。そもそもきちんと受験日を迎えられたのかな?

それも含めて、我が家の苦労話を綴っていきます。

暖かく応援していただければ、幸いです。

参考サイト

PAGETOP