授業についていけない…

小学校の低学年までは予習や復習をしなくても授業の内容を理解する事ができた我が子ですが、最近になってテストで不正解が増えるようになりました。

中学受験においては、計算問題だけでなく、文章問題や図形に関する基礎知識なども勉強しなければなりません。しかし、基礎力が足りていないうちの息子は応用問題を解く事が難しいと言います。

受験をする場合に、計算問題ができる事は塾の関係者からも当然だといわれているだけに、数字に弱い状況を克服するために必死な毎日です。

これから計算力を付けていく事がますます大切になると思いますが、市販の問題集を利用して毎日少しずつでも計算問題を解かせることにしています。中学受験をした経験がある人の保護者の方によると、複雑な計算問題であっても繰り返して練習する事によりだんだんと慣れてくるそうです。

息子の場合は自分から勉強したいと言い出したというのと、近所のお兄ちゃんと一緒に勉強できるということもあって、勉強に関しては怠けることはありませんでした。

よく学校の勉強はできるのに、塾の勉強がついていけないという子はショックを受けてしまう子が多いそうですが、息子の場合はそれにへこたれることなく頑張りました。

PAGETOP